2017/04/13

自分の場合気分の起伏は登山よりもエレベーターで移動する高層ビルに例えるのが適切だろう。結局のところ最高度も地表も地下も同様に不快であり、移動中も心休まることが無い。たまにどこかの階で動きは止まるが、結局は誰かしらが居て気づかれする。さっさとこの建物から出てゆきたい。

2017/02/20

3月が近付いていて仕方なく就職のことを考えるけど、自分の能力でこなせてかつやる意味のあるとみなせる職業という条件の贅沢さ、我儘さに打ちひしがれる。「良い」とか「有意義」とかの根拠付け、選択が22歳にもなって出来ないにも関わらず、嫌だとか価値が無いみたいなことは一人前に感じていて恥ずかしい。何かしようとするたび悉く、苦痛と言って良いほどの怠さを感じるし、本当は(本当は?)何もしたくないのだろうかとさえ思う。前向きにも後ろ向きにも何もしたくなさがまとわりついていて、これがまさしくモラトリアムなのだろうと気付くのと同時に自分の凡庸さ(もしそうならある意味救われる可能性があるかもしれない)に呆れつつそこから出たり入ったりを繰り返している。

2017/01/10 買ったCDのことなど

年末年始も鬼のように働いて、その成果がここ数日くらいで返ってきているような気がする。部屋で鬱々と本を読んでいるよりも働いて金を使っているほうが何もかもうまく回ってゆく資本主義社会においては、1月に入ってまた買い始めたCDによってみるみるうちに元気が出て、ブログを書くことだってできる。

2017年初新譜はめでたくArto LindsayのCUIDADO MADAMEと相成って、ユニオンでムックと同時購入で特典までもらってしまった。本はそのうち読む。後述の某サントラのせいでまだ2回くらいしか聴いてないのだが印象としてはものすごくハイファイなノイズという感じで新感覚なのだが気分的には1stのほうが今は合っていてそっちの方が聴いてる時間は長いと思う。

ケアフル・マダム

ケアフル・マダム

 
別冊ele-king アート・リンゼイ――実験と官能の使徒 (ele-king books)

別冊ele-king アート・リンゼイ――実験と官能の使徒 (ele-king books)

 

 これと一緒にかったのがこれら

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

 

 

ファースト・アルバム

ファースト・アルバム

 

 

ウェルカム・バック(WELCOME BACK THE WORKSHOP)

ウェルカム・バック(WELCOME BACK THE WORKSHOP)

 

 バードマンは去年の終わりにみて、アレハンドロイニャリトゥはこれまでバベルと21gしか見てなかったのだが、真面目くさったもの以外もとれるのかとけっこう驚いた。とにかくサンチェスとノートンがよくて、最近こういう躁みたいなのをみたりきいたりするとおちつく。レヴェナントはまたもどってそうだけど撮影がルベツキさんらしいので安く手に入りそうならみたい。

躁つながりでこれは御茶ノ水で昨日買ったCD

アフロ・ブルー

アフロ・ブルー

 

 

インパクト

インパクト

 

 Dr. Lonnie Smithも、John Abercrombieもそれぞれ好きな方なのだが、変な組み合わさり方でとにかく噛み合わなくて笑ってしまう。 このアルバムのいいところはコルトレーンの曲がたくさん聴けることである。メンバーも好き、選曲も好き、それと編成も好き(Grant Green, Larry Young, Elvin JohnsによるTalkin' Aboutとかコルトレーンつながりだし本当に好き)なのにもかかわらず、全く人にすすめる気にならないのは、そういうことなんだろうと思う。Impactのほうはストラタイーストだし買っとくか(enjaから再発されているライブ盤はかなり良かった)という感じで買ったが、かなりの大所帯でくどい。

トーキン・アバウト

トーキン・アバウト

 

 

インパクト[紙ジャケット仕様/限定生産]

インパクト[紙ジャケット仕様/限定生産]

 

 あとはJames Blake(いまさら)、Deepfunk関連のコンピ(もっと土臭い感じかと思ってた、土臭いのもあるけど)、アシッドフォーク珍ジャケ盤(図らずもブレイク)、ブラジル音楽界思考の名盤(こういうのが国民的っていうのが異常というかすごい)とか買いました。

 

ザ・カラー・イン・エニシング

ザ・カラー・イン・エニシング

 

 

THIS IS MELTING POT MUSIC(COMPILED BY DJ OLSKI)

THIS IS MELTING POT MUSIC(COMPILED BY DJ OLSKI)

 

 

THE BEST OFLEGENDARY DEEP FUNK[帯・日本語解説付き国内仕様盤]

THE BEST OFLEGENDARY DEEP FUNK[帯・日本語解説付き国内仕様盤]

 

 

Game for All Who Know

Game for All Who Know

 

 

街角クラブ~クルービ・ダ・エスキーナ

街角クラブ~クルービ・ダ・エスキーナ

 

 Milton Nascimento & Lo Borgesのやつは本当に一家に一枚あっていいと思う。

あとはトータスが叩き売られているのを助け、ひとにレコードをもらったりした。Doug Carn今最高に合ってるけど、なんとなくいつでも買える気がするのでいまは月末のErasmo Calrosに備えようと思う。

Infant Eyes (直輸入盤・帯・ライナー付き)

Infant Eyes (直輸入盤・帯・ライナー付き)

 

 

ソーニョス・イ・メモリアス1941~1972

ソーニョス・イ・メモリアス1941~1972

 

 

 

 このペースでいくと今年本当にまずい

2016/12/21

今月3日しか休めてなくて何やってるんだという感じ。疲れが抜けない。本も全然読めておらず、仕方なく?映画をみている。映画は上映時間ぶんさえ確保すれば絶対大丈夫なのが楽でいい。またアル中に逆戻りしたり、だらしなさを各方面で露呈しているけど今はもう仕方ないという風にしか考えられないので何か起きるのを待つ。ダメだなと思うけどこういう時って本当にどうすることもできないし無理に変えようとすると落ち込んで何も出来なくなるのが経験上わかってきた。時間感覚が緩みきっているけど、流石に一年ははっきりしていて頼ってしまいたくなる。

2016/12/10 音楽をいかにして探すか

最近買ったCDとか紹介する記事書こうと思ったけど気持ちが足りないのでタイトルにあるようなことを書く(多分みんなやってる事だろうしもしなんかいい方法があったら逆に教えて下さい)

 

身の回りに趣味が近い人間がいない場合、新しい音楽を探すのは結構大変な作業だったりする。それが特定の大御所アーティストが少ないジャンルだったりすると尚更である。自分はいまアシッドフォーク周辺とインディペンデント系のブラックジャズ?とかに凝っていて、そうなるともうレーベルで探すとかになってしまうのだが、そういう作品はやはり数が少ないのか高値で取引されている事が多く、一か八かで買うのは楽しくもあるがリスキーであり、金の無い人間にとって(これは完全に偏見だがこの辺りを好んで聴く層というのはなんとなく辛気臭そうだし金もそんなになさそうである)おいそれと取れる手段では無いだろう。

 

本題に入る。今はネットがある為、哀しい事ではあるが1番は趣味の近そうなブログを見つけて片っ端からyoutubeで視聴して買うものを決めるのが1番コスパが良いのでは無いだろうか。あとはレコ屋の人と仲良くなってオススメを教えてもらうというのもあるが、体感としてこれもムラがあって、同じジャンルなのに自分がハマらないものばかり勧められたりする事も容易に起こりうる為しぶい。レコ屋の場合勧められたら買わなきゃという心理も働く為気の弱い人間には少しハードルが高い。それでも自分とぴったりくる場所を見つけられたときはアマゾン等でポチポチ買っていくより安く済んだり(アマゾンの中古CDは他のネットCD販売サービスと比べて、少しレアなだけでもありえないほどの高値が付く)、ネットよりも知識に裏付けられた正確なサジェストが受けられたりと、メリットは大きい。あとはディスクガイドという手もあるが、ジャンルによって良質なディスクガイドがあったりなかったりする気がしてなんとも言えない。ブラジルはムジカロコムンドがあるので楽だが、アシッドフォークとかサイケらへんあまり評判の良いディスクガイドを聞かない。(余談だがムジカロコムンドの2にウルグアイとアルゼンチンのコーナーがあり大変良かった)

 

なんだかんだで(できれば自分の趣味をしっている)人から教えてもらうのが1番はやいし楽しいと思う。ほんとはそうしたい。でもそれができないときは個人ブログとその人のツイッターがかなり役に立つ気がする。

孤独にCD屋巡って思わぬ名盤を掘り当てたときの楽しさも音楽を聴くことの楽しさのひとつだが、それを誰かに共有したいというのも自然なことのように思う。


Kath Bloom & Loren Connors - When You Smile


Tango (Tanguito) - Tango (full album)

 

 

Sing the Children Over & Sand In My Shoe

Sing the Children Over & Sand In My Shoe

 

 

 

2016/12/04

結構働いてばっかりだから隙間に近所のレコ屋いったり人に借りたりして音楽聴いてる。仕事の前とあともネットで音楽探してばかりいてだめだな。今度時間あるときにそういう記事かきたいなとは思ってるのだがいかんせん時間ないのでいつか。取り急ぎ1枚。 Loren Mazzacane Connors - Airs [FULL ALBUM] - YouTube

 

Airs

Airs