読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏まとめ

NIKKI

いつのまにかダラダラと夏は終わっていて、気が付くと秋である(夏休みはまだまだ続く)。とくに何か成し遂げた感じも無い感じだけど携帯のカレンダーアプリを片手に、三つの視点から総括してみようと思う。

まずはじめに大きなイベントから。夏の始まりはとにかく音楽漬けだった記憶がある。ライブが二つあったしとにかく練習しまくってた感じ。ロックはしばらくいいかなって思った。そのあとすぐ仙台に行って牛タンを食べて青春18きっぷで鈍行で帰った(お盆期間だったので帰りの夜行バスが取れなかった)。この夏唯一の旅行だった。8月の終わりにはジャズサークルの合宿で長野にいった。ずっと宿にこもって練習してたので旅行にはカウントできないとおもう。そこからしばらくカレンダーを見ても何も思い出せない。バイトの予定しか書いていないのだ。多分一番熱心にプログラミングの勉強していたのがこの時期だと思う。その後は関西からフォロワーが数日間泊まりに来たりして、おそらく一番人に(しかも初対面)会った時期だ思う。4日間で10人以上のフォロワーに会った。そして最後に一週間の実習。2014年夏の終わりは教員免許のための介護等体験という、鬱屈した記憶とともに幕を閉じるわけである。

以上が簡単な事実としての大まかなイベントである。続いては夏に聴いていた音楽の変遷を見ていこうと思う。8月上旬はライブがあったりもして、とにかくロックを聴いていた。こんなにガッツリギターロックを聴いたのは本当に久しぶりで、マジョリティーな(やっぱりロックってジャンルとしてマジョリティーだよね)価値観についてのエントリを書いたりもした。旅行中はあんまり音楽を聴けなくて(高校時代の友達と会ったりしてたのでアニソンとかをちょっと聴いたりした)そのあとは合宿なのでやっぱりジャズを聴いていた。帰ってきてからはなんかしばらくジャズはいいかなって感じになって、そのころちょうどフォロワーからいろいろ紹介してもらったのでマルチネとかその辺のネットレーベル界隈をきいたりしてた。Avec Avecめっちゃ良い。その後のオフ週刊が終わってしばらくするまでずっとそんな感じだった。実習中はなんかサブカルっぽいのをずっと聴いてた。フィッシュマンズとか夙川ボーイズとか。現在はツイッターでつぶやいたけどつい先日レコードプレイヤーが部屋に来たので、またジャズ最高ってなってる。この夏の音楽的な変遷はこんな感じ。

最後は精神的な移り変わりについて。夏の始まりはとにかく激彼女ほしい状態で、とにかく寂しかった覚えがある。そのあとはしばらく忙しくって常になんかイライラしてた。このころはオウムの本とか読んでいろいろ厨二病みたいなことを考えてた。その後は彼女云々とかじゃなくて人間的に深い部分で寂しくなってきた。そうして実習。インカルチャー女がいて、またいろいろ考えさせられた。自分の文化的、社会的な立ち位置とか。今は一周回って感情が無い感じになっている。

こんな夏だったけどじつは始まるときに5つの目標を立てていて、最後にそれについて書いて終わりにしようと思う。

1.毎日日記をつける
2.rubyを学びなおして、あわよくばJavascriptに少しでも触れる
3.本を読む
4.仙台に行く
5.自炊を学ぶ


日記は毎日じゃないけどそれなりに書いたんじゃないだろうか。文章になれるってのには程遠いけど。
rubyは後半まったく触れられなかった。ぼちぼち再開しなければ。
本は想定したより読めなかった。読んだもののいくつかはエントリに書いてるのでよかったらぜひ。
仙台は行った。観光はできなかったけど定禅寺の道見れたし牛タンも食べられたのでまあ目標達成。
自炊は一回もしてない。最悪。

とまあこんな感じでほぼ達成できてない感じだったけど、なんというか自分を見つめなおすいい機会だったんじゃないかと思う。のこりの夏休みは心機一転有意義に過ごしたい。