読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPod classicで戦うということについてと、その方法

MUSIC NIKKI

2014年は生産終了の年だったといっても過言ではない。ペヤングにはじまり、任天堂Wii、それからApple社のipod classicまで、これまでたくさんの人々に愛されてきた製品たちがその歴史に幕を下ろしたのである。これでクイックホイール機構が採用されたモデルがiPodシリーズのラインナップから完全に姿を消したことになる。

 

タッチ操作は確かに便利だ。僕自身今のclassicに替える前はiPod touchを使っていたからその良さもわかっている。iOS端末をキャリア端末とは別に持っているというのは正直かなり強い。しかしながらそれを補って余りあるほどの魅力―多くの人はそのデザイン性を挙げるだろう―がiPod classicにはあるように思える。

 

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

 

 

  • デザイン性

見た目が良い。クイックホイールとセンターボタンの二つのみで160GBもの容量の中から目当ての一曲を呼び出す。まさに洗練された機能美といえるだろう。かくいう僕もclassicを購入した動機のうち一番大きなものとしてその見た目があった。

  • シンプルさ

見た目と同じくらい僕が気に入っているのは、その機能の少なさである。一応ビデオや写真を見ることはできるものの、スマートフォンが広く普及した今となってはこの小さな画面でそれらを見ることはほとんどなくなった。その結果iPod classicは、真に音楽を聴くためだけに存在するデバイスとなったのである。これがiPod touchとの極めて大きな違いだろう。他の用途に用いない分、容量や電源リソースを音楽のためだけに費やせるのである。

 

……はい。というわけでですね、今回はあらゆる機能面で他のタッチ操作端末に劣るiPod classicを、その見た目だけでどうしても使い続けたいみじめな人たち(僕含め)のために、僕が普段やっているclassicを便利に使うための工夫を話していきたいと思います。

classicには任意のプレイリストを作成する機能がありません。一応On the Goという、インスタントに好きな曲をぶち込むみたいな機能はあるのですが(曲選択する段階でセンターボタン長押し)、名前の編集ができないしプレイリストとして保存してしまうとiPod単体では削除できなくなってしまうのです。適当にOn the Go使ってたら新規プレイリストが死ぬほど量産されててクソめんどくさいことになった、という経験が誰しも一度くらいあるでしょう。そこで今回は、iTunesのスマートプレイリストという機能について説明します。

 

スマートプレイリストとは

iTunes内で作ることのできるプレイリストは2種類あります。一つ目は先ほどのOn the Goなどといった、単純に曲を入れただけの物です。これは単にプレイリストと呼ばれることが多いです。

そしてもう一つがスマートプレイリストと呼ばれるものです。

簡単に言うと「あらかじめ設定した条件に合った曲をiTunesが自動で振り分けてくれるプレイリスト」みたいなものです。iTunesインストール時にデフォで「90年代ミュージック」と「トップ25」、「クラシック音楽」というものが作られていると思います。

 

使い方ですが、新規スマートプレイリスト作成というオプションをクリックすると

【○○が××の曲を△△順でX曲】みたいな感じで指定ができます。

○○には例えば再生回数や年、ジャンルなどの条件が入り、

××には○○に対応した選択肢が列挙されます。△とXは見た通りです。

(条件の数は自分で決められます)

 

例えば

僕はデフォで入っていた「トップ25」を改良して「トップ100」という物を作ったり、ジャズの年代を10年単位で分けた「ジャズ~40年代」みたいな物を作ったりしています。これはジャンルと年代を指定するだけで作れます。

最近よく使っているのが、単純に「再生回数X回以上」とだけしたものです。これをシャッフルで聴くことで、全然聴かない曲なんかを選択肢から外した状態でランダム再生ができます。本当に好きな曲しか聴きたくないというようなときにはXの値を大きく取ってあげればよいのです。逆に、普段聴かないけど良い曲、みたいなのを狙いたいときはXを小さく取って、さらにX≦再生回数≦YというようなYを定義してあげればヘビロテしまくって飽き気味……みたいな曲は候補から外せます。

 

このほかにもいろいろな使いかたできると思いますので是非スマートプレイリスト、使ってみてください。メチャメチャ良いの思いついた!って人はぜひ教えてください。ちなみに当たり前ですがiPod touchでもこの機能は使えるので、別にclassicが優れているとかにはなりませんのであしからず。