2016/07/04

誰かを信奉することもできず訳の分からない理屈を信じることもできずそれをさも自分の意見で人に説くのも嫌でいろいろの事は分からないけどそういうものなんだと納得しきった様子で開き直るのも無理だしかといって何もしないことも叶わない、そんな状態で明るく元気にやっていくのは欺瞞ではないのかというのと同程度にそんな状態自体が自罰的パフォーマンスめいていて不快に思うなんて言わずにいられればいいのにね。素直が1番てマジ?

 

死霊(1) (講談社文芸文庫)

死霊(1) (講談社文芸文庫)