2016/10/02

まだ知らない作品を少しずつ探していく手続きはよいものだけど、時には一発で救いになるようなものに出会いたいと思うこともあるよなっていつも考えてる