2016/11/19

自分がまだ知らないものを見聞きして得られる満足に対する期待と、時間がただ過ぎるだけで何かが損なわれ続ける感覚がある。真新しいものが減っていくことに対する焦燥が定期的に増していっては、何かのきっかけで心が安らぐこともあって、その波の途中が最もつらい。