読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/01/10 買ったCDのことなど

年末年始も鬼のように働いて、その成果がここ数日くらいで返ってきているような気がする。部屋で鬱々と本を読んでいるよりも働いて金を使っているほうが何もかもうまく回ってゆく資本主義社会においては、1月に入ってまた買い始めたCDによってみるみるうちに元気が出て、ブログを書くことだってできる。

2017年初新譜はめでたくArto LindsayのCUIDADO MADAMEと相成って、ユニオンでムックと同時購入で特典までもらってしまった。本はそのうち読む。後述の某サントラのせいでまだ2回くらいしか聴いてないのだが印象としてはものすごくハイファイなノイズという感じで新感覚なのだが気分的には1stのほうが今は合っていてそっちの方が聴いてる時間は長いと思う。

ケアフル・マダム

ケアフル・マダム

 
別冊ele-king アート・リンゼイ――実験と官能の使徒 (ele-king books)

別冊ele-king アート・リンゼイ――実験と官能の使徒 (ele-king books)

 

 これと一緒にかったのがこれら

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

 

 

ファースト・アルバム

ファースト・アルバム

 

 

ウェルカム・バック(WELCOME BACK THE WORKSHOP)

ウェルカム・バック(WELCOME BACK THE WORKSHOP)

 

 バードマンは去年の終わりにみて、アレハンドロイニャリトゥはこれまでバベルと21gしか見てなかったのだが、真面目くさったもの以外もとれるのかとけっこう驚いた。とにかくサンチェスとノートンがよくて、最近こういう躁みたいなのをみたりきいたりするとおちつく。レヴェナントはまたもどってそうだけど撮影がルベツキさんらしいので安く手に入りそうならみたい。

躁つながりでこれは御茶ノ水で昨日買ったCD

アフロ・ブルー

アフロ・ブルー

 

 

インパクト

インパクト

 

 Dr. Lonnie Smithも、John Abercrombieもそれぞれ好きな方なのだが、変な組み合わさり方でとにかく噛み合わなくて笑ってしまう。 このアルバムのいいところはコルトレーンの曲がたくさん聴けることである。メンバーも好き、選曲も好き、それと編成も好き(Grant Green, Larry Young, Elvin JohnsによるTalkin' Aboutとかコルトレーンつながりだし本当に好き)なのにもかかわらず、全く人にすすめる気にならないのは、そういうことなんだろうと思う。Impactのほうはストラタイーストだし買っとくか(enjaから再発されているライブ盤はかなり良かった)という感じで買ったが、かなりの大所帯でくどい。

トーキン・アバウト

トーキン・アバウト

 

 

インパクト[紙ジャケット仕様/限定生産]

インパクト[紙ジャケット仕様/限定生産]

 

 あとはJames Blake(いまさら)、Deepfunk関連のコンピ(もっと土臭い感じかと思ってた、土臭いのもあるけど)、アシッドフォーク珍ジャケ盤(図らずもブレイク)、ブラジル音楽界思考の名盤(こういうのが国民的っていうのが異常というかすごい)とか買いました。

 

ザ・カラー・イン・エニシング

ザ・カラー・イン・エニシング

 

 

THIS IS MELTING POT MUSIC(COMPILED BY DJ OLSKI)

THIS IS MELTING POT MUSIC(COMPILED BY DJ OLSKI)

 

 

THE BEST OFLEGENDARY DEEP FUNK[帯・日本語解説付き国内仕様盤]

THE BEST OFLEGENDARY DEEP FUNK[帯・日本語解説付き国内仕様盤]

 

 

Game for All Who Know

Game for All Who Know

 

 

街角クラブ~クルービ・ダ・エスキーナ

街角クラブ~クルービ・ダ・エスキーナ

 

 Milton Nascimento & Lo Borgesのやつは本当に一家に一枚あっていいと思う。

あとはトータスが叩き売られているのを助け、ひとにレコードをもらったりした。Doug Carn今最高に合ってるけど、なんとなくいつでも買える気がするのでいまは月末のErasmo Calrosに備えようと思う。

Infant Eyes (直輸入盤・帯・ライナー付き)

Infant Eyes (直輸入盤・帯・ライナー付き)

 

 

ソーニョス・イ・メモリアス1941~1972

ソーニョス・イ・メモリアス1941~1972

 

 

 

 このペースでいくと今年本当にまずい